HOME > メディア > 特集 > メルマガ2022.03.29 微差圧計って、どんなもの?

メディア

メルマガ2022.03.29 微差圧計って、どんなもの?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ2022.03.29 微差圧計って、どんなもの?

圧力に携わる仕事をされている方なら一度は耳にしたことがある名称かと思いますが、「微圧計」「微差圧計」というジャンルのセンサがあります。微圧という用語の定義を調べると、500Pa(パスカル)以下の微小な圧力差を測るもの、とあります。
一般的に微差圧は+圧力差を陽圧、-圧力差を陰圧と呼びます。

陰圧で代表的な使用方法としてはコロナ感染症で聞く「陰圧室」では、病室と廊下との間に-2.5Pa(パスカル)の差を設けることが推奨されています。2.5Paといったら、とても人の体で感じ取ることはできません。それくらい微小な圧力を微圧と呼び、微圧・微差圧を測定するセンサを「微差圧センサ」と呼びます。
製品詳細はこちらより!!

陽圧で代表的な使用方法としては、1980代頃より半導体製造設備のクリーンルームが普及し室内と室外で+圧力差がきちんと出ているかをモニターするのに使われてきました。又オフィスビルの空調設備や送風用ダクトの風量コントロール、エアーフィルタの目詰まり監視にも陽圧コントロール用微差圧センサとして使用されています。圧力を検知して、計装信号である4-20mA(電流)または0-5V(電圧)に変換して出力します。

日本パイオニクスST事業部が代理店を務める米国セトラシステムズ社は、微差圧センサのパイオニアです。対応可能な最小レンジは0~25Paです。安価な汎用タイプから研究開発向けの高精度(±0.07%FS)タイプ、陰圧室用に特化したデジタル表示一体型、通信機能付きのものまで、幅広いラインナップを取り揃えており、国内での実績は多数ございます。


セトラ社 モデル264 製品詳細はこちらより!!

セトラ社 モデルASL  製品詳細はこちらより!!

マノエース(表示器一体型)製品詳細はこちらより!!

これから微差圧センサをお探し・ご検討されたいお客様は、是非一度日本パイオニクスST事業部まで、お気軽にお問合せください!全力でお手伝いいたします!


その他、注目製品
◆気泡検知にお困りではないですか? 気泡検知センサ◆

IntroteK社(イントロテック社)気泡検知センサ 製品詳細はこちらより!!

○最新の超音波技術が組み込まれた小型センサ
○硬質チューブから軟質チューブはもちろん、SUS、Metalチューブまで対応可能
○出荷前に使用予定のチューブを使って校正。各用途にあった製品をご提供します
○液体やチューブの色の影響を受けない精度
○低電力入力、LEDインジケータ付

◆ケラー社 ミニチュア圧力センサ◆詳細はこちらより!!


腕時計などで有名なスイスならではの緻密で精巧なものづくり。手のひらサイズを超えた、ミニチュアサイズの圧力センサは、これまでセンサが入らない、届かない為に諦められていた場所に使えるかも。

◆Introtek社 非接触型チューブ詰まり検知センサ IntroPro◆ 製品詳細はこちらより!!

○軟質チューブ内のダウンストリーム側の詰まりを精密にモニター
○フォースセンサを用いてチューブ内の圧力変化を検知。チューブ内の詰まりに対しリニアな電圧信号を出力。
○液体、気体両方に使用可能
○非接触型でコンパクトなデザイン
○安価

◆ケラー社 デジタル圧力計◆

ECO 2:小型かつ非常にシンプルなデザインで、本体定価37,600円とお買い得!
LEX 1:ハイスペックモデル。0.05%FSの高精度で、キャリブレーション用途に最適です。
LEO 5:IP67、安全ガラス採用など、耐環境性を重視した作りになっており、様々な場面での使用が可能です。
LEO Record :圧力・温度計測、データロガー機能を兼ね備えた優れもので、非常に便利な製品です。
LEO 2:コンパクトかつ使い易さを重視したモデルで、300kPaと3MPa品は即納体制を整えています。

製品詳細はこちらより!!

◆陰圧室、隔離室、オペ室、ICU、HCU向け室圧モニターLite。取付容易な差圧表示器◆

製品詳細はこちらより!!

◆待望の高温・高速応答圧力センサ登場!50kHz & 1000℃対応! ◆ 

ケラー社 M8 CooL 製品詳細はこちらより!!

◆非接触式流量センサ ついに登場!◆ 製品詳細はこちらより!!

◆圧力校正サービス◆こちらより!!

◆製品活用動画集◆こちらより!!

◆特集記事◆こちらより!!


■□ 日本パイオニクスST事業部のホームページがリニューアル!製品情報がより見やすく、検索しやすくなりました ■□

■□ 製品のお見積依頼は以下のページからお問合せ下さい ■□

■□ その他お問合せはこちらからどうぞ ■□

次回のメルマガもお楽しみ下さい。
日本パイオニクス㈱ST事業部
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

CONTACT

お電話からのお問い合わせはこちら

03-3903-2181